スノーボード

   
スノーボード

アルペン

競技説明&ルール

最速を争うスピード競技で、旗門間隔が長いパラレルジャイアントスラロームと、旗門間隔が短いパラレルスラロームが行われる。
スノーボードアルペンは、パラレルジャイアントスラロームのダイナミックなスピード感、パラレルスラロームのテクニカルな回転技術、そして決勝トーナメントからは1対1ノックダウン形式で2人が対戦をするという競技形式が特徴。基本的に予選はタイムトライアル形式が多い。

見どころ&採点法

予選は並行にセットされた赤青2コースを各1本ずつ滑走して、その合計タイムの上位16名が決勝トーナメントへ進みます。決勝トーナメントは予選順位により組み合わせが決定され、予選通過1位選手 VS 予選通過16位選手、同2位 VS 同15位というように、強豪同士が初戦で当たらないようになっています。 勝敗は赤青2コースの合計タイム差で決定されますが、1本目の滑走は2人が同時にスタートし、2本目の滑走は1本目のタイム差を反映してスタートゲートが別々に開くシステムになっているので、2本目で先にゴールした選手が勝者となります。
ハイスピードの中で左右に激しく体を傾ける様子は、バイクレースのようにスリリングで迫力満点! ターン技術はもちろんのこと、スタートゲートが開いた瞬間、いかにタイミング良くスタートできるか、そしていかにその後のスピードをつなげられる力強いプッシュができるかも重要です。勝敗を分けるタイムは、100分の1秒と僅差になることが珍しくなく、シビアなタイムレースが展開されます。

コース説明

コース説明

コースの斜面に平行に左右2本ずつのコースがセットされます。インターバル(旗門=旗)の幅はそれぞれの種目によってことなりますが、パラレルジャイアントスラロームで23m前後、パラレルスラロームで13m前後となります。

道具説明

道具説明

高速ターンの強烈な重力に耐えられるように設計されたレース専用のボードを使用します。フリースタイルボードとはあきらかに形が異なり、板が雪に面している部分が長いのが特徴です。また、エッジの切り替えがスムーズに行えるよう、幅が細くなっています。 スラロームでは、女子157cm男子163cm前後、ジャイアントスラロームでは女子175cm男子185cm前後の板を使用し、エッジグリップをサポートするためハードブーツを使用します。

用語集

コース上に設置される旗。赤と青の2種類が設置されるが、それぞれ平行している。種目やコースによって設置数や間隔などが異なる。
山側から谷へ滑っていくときの直線方向。上から下へ向かって水が流れる方向など、斜面における自然な流れのライン。旗門間をフォールラインに沿って滑るのが最短距離で理想的。
左足が前で右足が後ろのスタンスのこと。各選手のスタンスを知らないと、その選手がノーマルで滑っているのか、反対側に滑っているかがわからないので、チェックしておきたい重要な用語。
速さを競うアルペン競技では、板のズレはスピードをロスする抵抗が大きくなるため、できるだけズレの少ない、切れのあるターンが理想とされている。そうしたズレの少ないターンが「カービングターン」と呼ばれている。
「サイドカーブ」とは、板の側面の緩やかなカーブ形状のこと。「ラディウス」はこの「サイドカーブ」が描く回転弧の大きさを。「ラディウス」が小さければ小さいほど、板はズレの少ない小さなターン向きとなる。

ハーフパイプ

競技説明&ルール

ハーフパイプの名称の通り、まさにパイプ(円柱)を半分にカットしたような形の斜面を滑りながら、左右の壁でジャンプを繰り返す競技。 選手はジャンプの高さと繰り出す技の難易度、完成度で競い合う。

見どころ&採点法

6人制などの複数でジャッジを行い、各ジャッジが100点満点で採点し、最高点と最低点を除いた4名のジャッジの平均点が得点となります。現在は総合評価のジャッジ方式で、全員のジャッジがすべての演技の評価をします。
回転数が高く、ジャンプが高いほど点数は上がりますが、バランスを崩したり、手を付くなど安定感に欠けると減点となります。また、ジャンプ中に、しっかりとグラブができていない場合も減点対象です。
なんと言っても華麗なエアトリックの連発が一番の見どころです。選手は左右の壁を使って5回~6回ほどのトリックを決めますが、その技はシンプルながら決めポーズがカッコいいものや、斜め回転を連続で行う3Dトリックなど多彩。男子は、より回転数の多いトリックや、7メートル以上ものハイエアも繰り出されます。

コース説明

コース説明

ゲレンデの傾斜を利用してコースが作られ、大会によって大きさが異なりますが、国際大会などではコース幅が左右15~20m、左右の壁の高さは6~7m程度になります。また、コースの全長は120~160m程度となります。

道具説明

道具説明

スイッチ(反対)方向での滑りができるよう、板の上下が同じ形状になっているツインチップ、もしくはツインに近いスノーボードを使用します。選手によって好みはありますが、硬い板の方が壁を上がる時の重力に耐えスピードを維持しやすく、その力をエアの高さに活かすことができます。
板の長さは選手の身長にも関係しますが、身長が170cmであれば155cm前後、180cmであれば160cm前後の板を選ぶのが主流です。バインディングは足元をしっかりと支えるため、一般的には硬いものが好まれます。さらに、ハイバックの角度を強めに入れ、エッジングを高める選手も多くいます。

トリック(技)解説

つま先で回すフロントサイドよりも、カカト側で回すバックサイドは難しく、現在、男子が行うフラットスピン(注:縦・斜め回転でない横回転トリックのこと)では最高レベル。
現在、女子の中で最もハイレベルな回転技。
※フロント10とは、フロントサイド1080のこと。壁の向きと回転数を組み合わせてトリック名を表す。
キャブとは、フロントサイド側の壁に対してスイッチでアプローチし、スピンするトリック。540度回せば、キャブ540、720度回せばキャブ720となる。キャブ1080は、男子においてはスタンダードなトリックだが、それ以上のスピンになれば難易度が高いトリックに分類される。
男子の中では、最高峰のスピン技の1つで、この12(トゥエルブ)が勝敗の鍵を握るほどのトリック。1260度を超えて、1440度を繰り出す選手が出てくれば、間違いなく世界最高峰の横回転トリックとなる。
バックサイドの壁で行う前方宙返り。縦回転と横回転が混在する3Dトリックで、前方に1回転しながら横方向に540度回る。回転数は少ないが、見た目が派手でスタイルが出やすいハーフパイプの花形トリック。
縦2回転、横3回転半を組み合わせたトリックで、ハーフパイプでは最高峰のトリックだったが、現在ではさらに難しいスイッチアプローチでのキャブダブルコーク1260を決める選手もいる。

用語集

左足を前にして滑るレギュラースタンスの場合、背中側、時計回り方向にターンや回転をすること。別名ブライドサイド、ブラインドとも言う。反語はフロントサイド、オープン。
左足を前にして滑るレギュラースタンスの場合、お腹側、反時計回り方向に、ターンや回転をすること。別名オープンサイド。反語はバックサイド。
本来、選手の持つスタンスとは逆向きになって滑ること。その滑っている姿をスイッチライディングとも言う。
ジャンプのこと。ジャンプする様子のこと。
エア中にボードをつかむこと。つかむ手や場所によって、名称が異なり、つま先側をつかむインディエア(インディグラブ)が代表的なグラブトリック。ボードのカカト側をつかみ、身体を捻るトゥウィークは、もっともスタイルが問われるグラブのひとつ。
上半身と下半身を逆に捻った状態のこと。選手は、グラブに加えて、身体をシフトさせることで、その技の見栄えを良くし、スタイリッシュさを表現する。シフトしているエアの様をシフティとも呼ぶ。正面側に捻るとフロントサイドシフティ、背中側がに捻るとバックサイドシフティと呼ばれる。
スノーボードのスピントリックでは、その名称がしばしば略される。例えば、フロントサイドで360度回した場合には、わざわざフロントサイド360と言わずに、フロントスリーと表現する。同様に、ファイブ(540)、セブン(720)、ナイン(900)、テン(1080)、トゥエルブ(1260)と呼ぶ。
ハーフパイプの底のフラットな部分。
ボトムから壁に向かうR部分。トランジションという言い方もある。
ハーフパイプのそり立つような部分。ウォール、バーチカルとも言う。
エアの飛び出し口となる、壁の頂点の角部分のこと。ちなみにジャンプ台の飛び出し口もリップという。
ハーフパイプの上部の平らな部分。選手は、このプラットフォームを歩いてスタート位置に上がることもある。
本来、選手はパイプの壁に着地をするが、誤ってボトムの方に着地してしまうことがあり、その行為をこう呼ぶ。衝撃が大きく大きなケガにつながることもある。

スノーボードクロス

競技説明&ルール

6人もしくは4人の選手が一斉にスタートし、ジャンプやウェーブ、バンクなどの障害物を駆け抜ける競技。滑走中の接触による転倒が多く、上位選手があっとういう間に入れ変わることも。そのスリリングな展開や体を張った滑走の様子から、雪上の格闘技とも呼ばれている。

見どころ&採点法

予選は1人でコースを滑るタイムトライアルが行われ、男子では上位48選手(32選手)、女子では24選手(16選手)が決勝ラウンドへ進むことができます。決勝ラウンドはノックダウン方式で行われ、6人(4人)ずつ滑り上位3選手(2選手)までが勝ち上がります。決勝戦では着順がそのまま順位となり、1~6位(1~4位)が決定します。 複数の選手が同時にスタートし、障害物をクリアしながらハイスピードで滑り降りていくため、順位が一瞬で入れ替わる展開が見どころのひとつです。 身体の大きい海外選手はスピードの面では有利ですが、小柄な日本人選手もテクニックに長けており、上位に入る可能性は十分にあります。また、最後のジャンプでの転倒で順位が変わることもあり、最後の最後まで見逃せないレース展開に注目!

コース説明

コース説明

「ウェーブ」と呼ばれる連続した起伏やジャンプ台、さらには「バンク」と呼ばれる角度の付いたカーブセクションなど、さまざまな障害物がコース上に設置されます。 コースの長さや障害物の設置場所・数などは、それぞれの大会ごとに異なり、難易度も変わってきます。

道具説明

道具説明

スピードを争う競技のため、接雪長(雪に接している面の長さ)が長いスノーボードを使用する傾向が強く、男子では、160cm~167cm、女子では155~165cm前後が主流です。板は通常の物よりも硬く、より高速に対応するものが好まれています。 また、トーション(ボードの捻り強度)も硬めで、ボードの跳ね返りの強さを求める選手が多いのが特徴です。フリースタイルの板のようなラウンド形状ではなく、ハンマーと呼ばれる角ばった形の板を好む選手もいます。

用語集

ジャンプ台のこと。高く飛び上がるのではなく、ジャンプ台を這うように滑り降りることでタイムロスが少なくなる。
波のような形をした斜面のこと。選手は凸凹をヒザで吸収するようにしてスピードを落とさないように気を付けて滑る。
細かいウェーブが連続するセクション。ウェーブと同様にクリアをする場合と、1つの山を飛び越してクリアしていく方法もある。
コース内側から外側に向けて傾斜がついているカーブのこと。最もスリリングなセクションで、コース取りのテクニックが順位を左右するので、しばしばバンクで順位が入れ替わる。
先を行く選手が、背後からくる選手をブロックすること。滑走ラインを上手く遮るテクニック。
ジャンプ台の1種。着地点が踏み切り地点より高い位置にあるもの。逆に着地点が低いものは「ステップダウン」と呼ばれる。

スロープスタイル

競技説明&ルール

コース上にあるアイテムを攻略しながら滑り降り、その技の完成度などを採点する総合滑走競技です。
コース前半は、レールやボックスと呼ばれるアイテムが設けられたジブセクションで、各選手がアイテムを選んで滑走。そして後半にはジャンプ台が設置されたジャンプセクションとなる。

見どころ&採点法

レールやボックスなどのジブセクションと、キッカーなどのジャンプセクションで演技を連続して行い、1本ずつの滑りを採点します。2本の滑りのベストポイントがその選手の得点となり、採点は1つのセクションの完成度のみではなく、1回の滑走の流れ全体が対象となることから、総合的な滑走能力と各セクションでの完成度が重要になります。
コース前半のジブエリアでのレール&ボックスも見どころですが、なんと言っても最後の巨大なジャンプ台でのパフォーマンスに注目! 高難度のトリックを決めたい反面、転倒のリスクもあるので、どんなトリックを披露するか、選手たちも悩むところです。

コース説明

コース説明

コースの全長や設置されるアイテムは大会ごとにことなりすが、国際的な舞台では全長600~700m、コースの高低差は150m程度となります。
コースの前半にスキー場のスノーパークにある、レールやボックスと呼ばれるアイテムが配置され、後半にはジャンプ台が設置されます。
タイムを競う種目ではないため、前半のコース斜度はあまりきつくありませんが、後半はジャンプの勢いをつけるために斜度がきつくなっています。

道具説明

道具説明

スロープスタイルで使用されることが多いスノーボードは、ツインチップ形状の板です。この形状の板はスイッチ(メインスタンスの反対)方向で滑りやすく、ノーズとテールが同じ形状になっているのが特徴です。また、バインディングホールがボードのセンターに設定されています。
基本的にジャンプセクションでのジャンプの高さを出すために、ハーフパイプで使用する板と同じ高反発フレックスボードが好まれますが、ジブセクションをスムーズにこなすために、低反発フレックスの柔らかい板を使用する選手もいます。

トリック(技)解説

ボックスやレールなどのジブアイテムで進む方向に対してボードを真横にして、身体の背面側にスライドさせるトリックで、ジブの代表的なトリックの1つ。
270度回転しながらジブアイテムに乗るトリック。乗る時に正面側から回転して乗れば『フロントサイド270イン』。逆に背面側から回転して乗れば『バックサイド270イン』と呼ばれる。同様の動きをジブから降りるときに行えば、270アウトとなる。
ジャンプの際に空中で1回転半回るトリックで、女子選手のベーシックな技の1つ。正面側にスピンすればフロントサイドとなり、背面側に回るとバックサイドとなる。さらに180度の回転を加えた2回転のフロントサイド720が、現在では女子トップ選手の高難度トリック。
スイッチとは、その選手が本来滑る方向とは逆のスタンスで滑ること。そのスタンスからトリックを繰り出した場合、トリック名の前に必ずスイッチがつけられる。スイッチバックサイド540は、左足を前にして滑るレギュラースタンスの選手が、右足を前にしてスイッチでアプローチし、そこから背中側に540度回すトリック。
3回転半回るトリックのこと。正面側に回るフロントサイド、背面側に回るバックサイド、さらにはスイッチから回るフロントサイドとバックサイドがある。男子選手にとっては1260やそれ以上の回転トリックの完成度が勝敗を分ける鍵となる。
フロントサイド540とバックフリップ(後周り)を合わせた3D(体の軸が斜めの)トリック名をコークと呼ぶ。540度回転しながら縦に2回転すると、フロントサイドダブルコークとなる。現在、男子選手にとっては標準レベルのトリックとなっている。
スイッチスタンスで行うフロントサイドダブルコークのこと。スイッチスタンスなのでトリックの難易度は上がる。
スロープスタイル競技における最高峰トリックの1つ。コース後半で連続ジャンプが必要なスロープスタイルでは、もっとも難易度の高いトリックといっても過言ではない技

用語集

左足を前にして滑るレギュラースタンスの場合、背中側、時計回り方向にターンや回転をすること。別名ブライドサイド、ブラインドとも言う。反語はフロントサイド、オープン。
左足を前にして滑るレギュラースタンスの場合、お腹側、反時計回り方向に、ターンや回転をすること。別名オープンサイド。反語はバックサイド。)
左足が前で右足が後ろのスタンスのこと。各選手のスタンスを知らないと、その選手がノーマルで滑っているのか、反対側に滑っているかがわからないので、チェックしておきたい重要な用語。日本人は、圧倒的にこのレギュラースタンスが多い。
前足が右で後ろ足が左の選手のスタンスのこと。グーフィの語源は、「へんてこな」という意味で、あまりいないという形で使われるが、実際、欧米ではグーフィースタンスの選手が多い。
本来、選手の持つスタンスとは逆向きになって滑ること。その滑っている姿をスイッチ・ライディングとも言う。
ジャンプのこと。ジャンプする様子のこと。
エア中にボードをつかむこと。代表的なグラブは、身体をエビ反りにして、ボードのカカト側をつかむメソッドエア(メソッドグラブ)。また、つま先側をつかむインディエア(インディグラブ)も代表的なグラブトリック。
上半身と下半身を逆に捻った状態のこと。選手は、グラブに加えて、身体をシフトさせることで、その技の見栄えを良くし、スタイリッシュさを表現する。シフトしているエアの様をシフティとも呼ぶ。正面側に捻るとフロントサイドシフティ、背中側がに捻るとバックサイドシフティと呼ばれる。
ジブエリアに設置されるアイテム。箱型の形が基本だが、その箱形状や上面の角度を変えることで多様な種類のアイテムになる。幅の細いものはナローボックス、半円のものはレインボーボックスなどと呼ばれる。
街中にある階段の手すりのようなアイテム。ボックスよりバランスを保つのが難しい。ボックスと同様にその形状によって様々なアイテムになる。
ボックスやレールといった雪以外の人工的なアイテムの総称。またはボックスやレールを滑ること。ジブを使うことをジビングとも言う。
ジャンプ台のこと。競技で使用されるキッカーは年々大きくなっており、15~18mクラスのものも設置される。キッカーが大きければ、より難易度の高いトリックを決めることができるが、転倒時のリスクも大きくなる。
キッカーやレールに入る際の助走のこと。アイテムへの侵入角度、スピードなどを熟考して選手はトリックを行っている。
ジャンプの際に板のテール部分(板の後側)の反発を使って飛ぶこと。ジブに入る際にも用いられる。また、逆にノーズ(板の前側)の反発を使って飛ぶことは、ノーリーと言う。